読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

それは不幸ではなく現状維持を選んでるだけ

知人のお話。

家庭内暴力(DV)に耐えかねて家出しています。子供がいるそうで、色々と大変なようです。住所知られるわけにはいかないとか、籍入ったままなので役所的には一家とみなされるとかで、できれば離婚したいらしい。

大変なんだったら、調停でも裁判でもどんどん動けばいいじゃん言ってるんだけども。

「お金がかかるから・・・」
「今は時間がないから・・・」

こんな具合で次々と言い訳を出してくる。*1

なんだか聞いてるうちにイラっと来てしまった。単に動きたくないだけじゃん。

「現状に甘んじるんなら、大変なんです不幸なんですとか言うな!!」

程度の差はあるだろうけど、自分自身の置かれてる状況に100%満足してる人なんて誰一人居ないんだよ。それでもみんな必死こいて生きてるわけだ。

その境遇をグチるなとは言わない。でも、本気でその境遇の悪さのせいにして、だらだらと生きている人間は見てて悲しくなってくる。そんなことをしたって何の得にもならないことは火を見るより明らかだ。

拉致監禁されてたり、交通事故で入院して身動き取れない、調停や裁判という解決策を知らないなら話は別だ。でも、そうじゃないならいつでも行動を起こすことはできる。現状を打破することはできる。


現状という環境と解決策を天秤にかけて、解決の道に進まないのは構わない。構わないけど、それは自分で選択したってことをよく自覚した方がいい。

「色々いやだけど、私は現状維持を選んでます」

胸を張ってそう言えないなら、とっとと別の道を選ぶべきだ。

どうしてその道を選べないかをよく考えれば、自分が何に対して未練を持っているのか、自分自信が何を大切にしているかよく分かる。それに気付いたらもう一度考えてみればいい。現状維持がいいのか悪いのかを。

そうしなければ絶対後悔する。あとで後悔したって時間は絶対取り戻せない。

*1:離婚裁判に必要な費用は印紙代13000円と何千円かの切手代だけです。