みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

ネットのつながりは希薄とは言い切れない

ネット上でのつながりを希薄な関係と言う人がいまして。

「ネットが切れたら切れる関係なんていうのは、所詮その程度のものだ」

たしかにそれは一理ある。

会って実際に言葉を交わした関係に比べればネットというのは希薄になりやすい。たぶん薄くつながっているイメージがあるんだと思う。私はネット上の匿名やりとりやネットオークションではそういうのを感じることはたしかにある。メッセンジャーのコンタクトリストに入っているだけの関係。話したこともないのに。

でもそれをもって「ネットの関係を希薄」と切り捨てるのはちょっと違う気がする。

誰でもどんな人でも、思い浮かんだ人にはすぐ連絡できるって人にはわからない感覚かもしれないけど、特別な用事でもない限りなかなかメールや電話ができないって人も居る。今電話したら迷惑なんじゃないだろうか、私なんかが用事もなくメールをしたら困らないだろうか、と。そんな人は友達が全く居ないのかというとそうでもない。

ネットやブログ、SNStwitterなどの最大の利点は何かといえば「同じ教室に居る」という人と人がつながるために大切な場所の同時性を提供するもので、日常生活の中での相手の様子から距離感を計る人間、逆に距離感を計らないと他人と接することが苦手って人にはとても重要なツールなんだよなあ。


場所の同時性は広い意味での共通感覚や仲間意識を生みます。

例えば、同じ教室にいつも居るということは最低限の身内感覚を作るし、同じエレベーターに乗っている(相手の日記やつぶやきを読む)程度は仲間意識を作らなくても、それがいつも(毎日相手の日記やつぶやきを読む)になれば仲間意識が芽生えやすい。仲間意識は密度と時間に比例するので、直接会ったり電話したりという密度の高い交流ができなかったり苦手だったりしても、時間(回数)を繰り返すことで親しみや親近感を持つことができます。

だから「ネットのつながりは全部希薄」というのは違うと思うんだ。