みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

非難という友情

ネットの海を泳いでいて、ふとこんな感じのコメントをみつけた。

少しはポジティブに考えられないのか?
そんなに下向いてばっかりだと成長なんかするわけないだろ。
自分を変える気あんだったら自分自身と向き合ってみろよ。

全体にものすごい口が悪いんだけど、コメントした人に惚れ込んでしまいました。

経験談だけども、わたしが何をしても何言っても「なんでもかんでもYES」って感じの人と何度か会ったことがあります(それぞれ別人)。

私「こんなとこがダメなんですよ」
相手「ぜんぜんそんなことないよー」

私「この前、こんな失敗してしまって……」
相手「それは仕方ないよー」

フォローといえばフォローだし、好意といえば好意です。もちろん、気分は悪くはないですが話しながら若干の違和感がありました。ニュアンスでしかないけど少しだけ過剰だったんだよね。

「YESマン???」

この違和感は結果、別の形で現れることにはなったんですが、「なんでもYES」ってことは「なんでもNOにもなりうる」ってことなんですよね。


上のコメントはそれはそれは一直線なNOで「ああ、このコメントされた人はちょっと未熟なところがあるけど、この人がいる限り大丈夫だろうなあ」って思った。

逆に身の回りにYESマンばかりおいてる人をみると、ちょっとどうなんだろう? と若干心配になります。YESマンな人って気持ちが沈んでる時に勇気をもらうのは良いんだけど、道を踏み外そうとしているときも同調しかしないからストッパーにはならないんだよね。