みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

小学生でも分かる寓話

ここはトランプの国。JとQとKで気球を作り、お隣の国までお花の種を届けることに決めました。

大きな布を買ってきてみんなで分担して縫っていきます。できあがった気球を海岸から飛ばしてみると、何メートルも行かないうちに海に沈んでしまいました。縫い忘れたところがあったのです。

そこはJとQとKの中で手の空いている人が縫うことになっていました。誰か一人でもちゃんと確認していけば気球は落ちずにすんだのです。

自分が確認しなかったため、気球が落ちました。そのせいで他のみんなを落ち込ませてしまったと、JとQとKのそれぞれが悲しみました。


こんなとき、どうしたらいいのでしょうか。

  1. 多忙で確認を忘れたJに責任を取ってもらう。
  2. 眠くて確認を忘れたQに責任を取ってもらう。
  3. 風邪で確認を忘れたKに責任を取ってもらう。
  4. その他