みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

匿名コメントだっていいじゃん?

ふと巡回をしていたらみかけた、こちらのコメント欄への「?」さんの書き込み

再質問の前に。名乗れとのことですが、この状況下で名を名乗っても同一性の担保などは発生しないし、素性を知らせても(私は必ずしもジェンダー論に与しないので―関心はあるのですが―)そちらが無意味に不快を味わうだけと思うので止めておきます。いい質問ができれば名などどうでもよいし、愚問かどうかは名でなく内容で見るべき話ですからね。

このようなケースの場合、思想がまったく違いすぎるので話すだけ無駄ってことにもなりそうですが、こういうのわたしも経験あるんだよなあ。

愚問かどうかは名でなく内容で見るべき話なのは確かだけど、誰もその書き込みが愚問だとは言ってないからそもそも噛み合ってない。わたし自身の経験で名を名乗ってほしいと感じた理由はだいたい次のとおり。

  • 会話を的確に成立させるために、相手のパーソナリティを得たい(ブログなど)。
  • 名が定まることで、以後おなじ人からの書き込みがあったときに過去の書き込みと同一視して識別できる。
  • 名を名乗った分だけ、名を名乗らない状況よりも責任の所在がある発言になる。

名前も何もすべていくらでも偽装できるから意味がないというのが「?」さんの考えみたいですが、わたしにはその程度のいくらでも偽装可能で同一性も担保出来ない名前すら名乗れないほどに無責任な発言をしているとしか受け取れません。

さてこの種の問題の一番難しいところは、わたしのような考え方も、同一性不担保を根拠とした匿名も同じぐらい正しいということです。日本中の人で多数決をとったらどうなるかはこの際関係ありません。反社会的や相当に他者に迷惑でなければ、別にどういう考えを持っても自由でしょう。

ですが、問題はそこではないところにあります。

いい質問ができれば名などどうでもよいし、愚問かどうかは名でなく内容で見るべき話ですからね。

そういう考えや思想を持つ人が居ること自体にはなんの問題もありませんが、その思想を他人に押しつけた場合は大きな問題があります。ルールの全くない掲示板でしたら思想の違いで済むことですが、日記のコメント欄は常識的に考えて日記所有者のルールが及ぶところです。だから日記の所有者に「名などどうでもよい」という価値観を押しつけることはできません。


一応注意しておきますが、今回のケースで問題があると言っているわけではありません。それは日記の管理者が判断することです。


そういえば、はてブのコメントに対する削除依頼とか一時期話題になりましたよね。結局どう決着したんだろう。