みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

たまたま他に居なかったから相談した?

よく他人から相談されることがあります。いやちょっと違う。よく友人たちからグチられたりすることがあります。そうではなく、話を聞いて意見を求められることもあります。

人徳について自分で語るほど愚かなことはありませんが、話し相手として気軽に感じてもらえてるのかなと考えます。また相談されるときは少なくともわたしの方がそれについて詳しいと思われているときです。ようするに「専門家の意見を訊きたい」の縮小版ですね。このことについて聞けば、何か知ってそうーみたいな。

誰だか忘れてしまいましたが、昔の有名な哲学者が「相談者はその相手に相談することを選んだ時点で結末を選択している」というよなことを言ったそうです。人は自由で相談された相手はその自由を侵害出来ないけども、相談者として選択されたことは既に選択した人の責任であるので、相談された人は自由に答えていいという内容だったと記憶しています。

難しい話はともかく、他人から相談されるということは少なくとも他人から必要とされていることですから、そんなに悪い気はしないはずです。


そんな風に過ごしていたある日のこと。こんなことを言われました。

相手「あなたは人から相談されたりしないだろう」
わたし「いいえ、わたしはよく他人から相談されます」
相手「それはあなたを選んで相談したわけではなくて、他に相談する相手がたまたま居なかったから、仕方なくあなたに相談しただけだ

そう言われて否定も肯定もできず黙り込んでしまいました。悔しかったなー。

だけど、ほかに相談する相手が居なくても、相談することに意味がないと思われたら相談なんてしませんよね。悩みがあるんだけど友達が居ないから道端で人を捕まえて相談するかとは普通なりませんよね。ネットには書き込むでしょうけど。

このことで相談されるということに何か価値があるのだろうかと考えました。弁護士やカウンセラーは相談を受けることで成り立つ商売ですが、商売じゃなければ意味がないとは思いたくないですね。


少し話がそれますが、みなさんに恋人はいますか。その恋人は、日本中のすべての人の中であなたと最高に相性がいい人だって言い切れますか。その人より相性のいい人は日本中どこ探しても居ないと言い切れますか。

たぶん冷静に考えて言い切れる人は多くないと思います。でも多くのひとは、そうやって出会った人と恋人になるし結婚します。ベストじゃない人なのにどうしてと聞かれたら、他にベストだと思える相手が居なかったからだって。つまりはそういうことなんじゃないかな。

その人にとって世界の人ってのは、生きていく中で出会うことのできた人でしかない。その人が出会えなかった人は、その人にとって存在しないのと同じこと。だからさ、結婚するってことはその人の世界でナンバーワンだってことだし、相談されるってことは頼りになる相手としてナンバーワンとは言わないまでも、ベスト5ぐらいには入っているってことでしょう。

だから今度「他にたまたま居なかったからだけだ」なんて言われたら、こう言い返してやろうと思う。

「それでも、わたしに相談してくれた人はあなたに相談しなかったという事実は変わらない」