みかんねこの不器用なのら~

不器用な人間が不器用なりに感じたことを語ってみるブログ

たとえ仲違いしても…

この前、暇な人から電話があって、他愛のない雑談から気付いたら昔話になっていました。私も、その電話の相手も、共通した仲違いの相手Tさんが居るという不思議な状況です(時期は違う)。

なんかさ、ものすごく真剣にTさんのこと心配してたのね。何があったかは別としても自分を嫌って絶交した相手を心配してるんです。私はというとTさんのこともう知らんぐらいに考えてたので*1、どうしてそこまで本気で心配出来るんだろうと不思議に思う以上に、そこまで心配出来る優しさに私の考えが恥ずかしくすら感じてしまいました。

そこまでやさしさを持てるというのは純粋にすごいんだけど、同時に、それだけやさしいと、やっぱり生きていくのは大変だろうなあとも感じてしまいました。

結局さ、深い悩みとかを抱えてしまうのって、やさしい人だったり、真面目な人だったりするんだよね。個人的には、そういう人大好きなんだけども。

*1:こちらからアプローチしてもろくな結果にならないため最低限の想いだけ託してあり、あとはTさん次第。